サノよみ

『Kindleしか勝たん』紙書籍を手放したら読書習慣が身についたミニマリストのリアルな読書ブログ

MENU

【オススメの1冊】2022年こそ読書習慣を始めたいあなたへ

f:id:sano-reiya:20220120224607j:plain

 

今回は、ボク(@d_sanoreiya)の読書観をガラッと一変させた本を紹介します。

 

「2022年こそは読書習慣を身に付けたい...」

 

と願う全ての人に一度は読んで欲しい読書系ビジネス書です。

 

 

一生忘れない読書 100分で3回読んで、血肉にする超読法』ジョン・キム

 

 

という本です(↓はボクが読書した実物)

f:id:sano-reiya:20220120090454j:plain

 

 

ぶっちゃけ...

 

「読書の方法教えます!」

「そんな読書は意味がない!」

「あなたの読書は間違ってる!」

 

と謳うキャッチコピーのビジネス書は見飽きてますよね?

 

ボクもこの本を読む前はその疑いが晴れませんでした。

 

 

ですが、そんな疑り深い人の読書観にパラダイムシフトを起こすことをお約束します。

 

早速行きましょうッ

 

 

【特徴】『一生忘れない読書』はこんな本

 

この本の特徴は何といっても「具体的な読書法」以外に

 

読書マインド

時間論

 

へ多くのページが割かれていることです。

 

読書に対する "How" ではなく "Why" がしっかり語られた珍しい本だと感じました。

 

 

【きっかけ】『一生忘れない読書』

 

正直に告白します。

 

この本との出会いは、"キャッチコピー買い" です。

 

「きれいに読むと、きれいに忘れる」

 

完璧主義に固執していた当時のボクはドキリとしました。

 

 

誰がこんなこと書いてるのか気になって著者略歴を見てみると...

 

ジョン・キム

 

・オックスフォード大学

ハーバード大学

慶應義塾大学

 

で研究員や教授歴を持つ高学歴な方でした。

 

 

ですが、聞いたことのない名前だったので信用性もぶっちゃけゼロ

 

なので、ぶっちゃけ舐めてました。

 

「韓国出身の著者が日本人に読書を説く?いい度胸だ!」

 

だってコレは、日本育ちのボクが欧米人に英語を指南するようなものです。

 

(ちょっと違う)

 

ですがいざ読んでみると、その思い込みは大きな間違いだったことを思い知らされます...

 

 

【理由】『一生忘れない読書』があなたの読書観を一変するワケ

 

ボクが『一生忘れない読書』をオススメする理由は、次の2つです。

 

 

読書の時間を確保する

 

読書っていつしてますか?

 

ボクはこの本を読む前まで

 

「1日のうち時間が空いたらそこで読もう」

 

という意識が強かったです。

 

 

ですが、ジョンさんはこのような読書の姿勢を真っ向から否定します。

 

読書する時間とは...

 

余った時間(受動的)ではなく、あくまで自分から確保しにいって生み出すもの(能動的)だ

 

と言います。

 

 

デフォルトから「読書時間を確保しにいく」と意識することには大きなメリットがあります。

 

それは読書が習慣化することです。

 

こうすることで、読書が歯磨きと同じくらい「当たり前」な生活の一部になります。

 

そして「おのずと読書量が増えて自分の視野も自然と広がる」という現象が必ず起こります。

 

 

本の80%は無駄

 

本の8割には無駄なものが書いてある

 

とジョンさんは大胆な発言をします。

 

なぜなら、エッセンスは本の20%ほどしかないからだと主張するのです。

 

つまり、本の80%は読み飛ばすことを意識せよということです。

 

250ページのビジネス書だったら、

 

エッセンス(2割):50ページ

無駄なもの(8割):200ページ

 

となります。

 

これは読書する本を「金脈」にたとえると納得がいきます。

 

つまり、

 

エッセンス:金脈における「金」

それ以外:金脈における「石や土」

 

と捉えることです。

 

こう考えると、本の8割をじっくり読んで「石や土」ばかりをうのは生産性が低いと感じませんか?

 

 

【即ポチ】『一生忘れない読書』こんな人にオススメ

 

「読書しないと気持ち悪い...」

 

と一緒に毎晩感じられるくらい

 

読書習慣が身に付いた人

 

が1人でも多く増えて欲しいので、『一生忘れない読書』を布教します。

 

 

「読書習慣を今年から始めたい!」という成長意欲の高い人

 

「読書が大事なのは分かるけど、どういう心構え / やり方 で読めばいいの?」

 

と道に迷う読書ビギナーは「読書論」を語るビジネス書の1冊目として読んで欲しい本です。

 

なぜなら、効率的な読書方法以外に読書マインドがこれでもかというくらい多く述べられているからです。

 

 

「読書の時間をなかなか確保できない...」とお悩みの人

 

『一生忘れない読書』には読書論のビジネス書ではガッツリ語られることの少ない「時間論」がたくさん書かれています。

 

コレはジョンさん自身のバックグラウンドが深く関係します。

 

そして、今のあなたの境遇を照らし合わせて考えると、

 

「読書時間を確保できないワケがない」

 

と意識が120%変わります。

 

 

「読み飛ばしには抵抗感がある...」という人

 

「読み飛ばすのはチョット気が引ける...」

 

という人もいると思います。

 

ですが、安心してください。

 

本の中で「具体的な読み飛ばしができる読書方法」が述べられています。

 

ジョンさん自身の言葉で

 

「読み飛ばすことは罪じゃなく、むしろ成長を飛躍させる必要条件である」

 

という読書観を教われば、必ず納得がいって読書効率が爆上がりします。

 

 

まとめ

『一生忘れない読書』
  • 読書時間は能動的に確保するもの
  • 本の2割にしかエッセンスは書かれていない
この1冊で読書を習慣にしちゃいましょう!

 

深夜にブログ更新しているのですが、『一生忘れない読書』の記事を書いてるだけでも読書がしたくてたまらないなります。

 

それだけボクにとっての「読書論バイブル」な1冊です。

 

ぜひあなたも、自分だけの「読書論バイブル」な1冊を2022年中には見つけてください。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

少しでも参考になれば、そして、あなたが読書を楽しむきっかけになれば、何よりも嬉しく思います。

 

また次回の記事でお会いしましょう!

 

 

この記事に登場する書籍

◆一生忘れない読書

 

あわせてオススメの記事

sano-life.hatenablog.com