サノよみ

『読書も投資』人生を支払うならリターンがないともったいない:読書のムダな損失を減らすミニマリストのヒント

まだスミからスミまで本を読んでるの? ミニマリスト流『2割読み』でムダなくリターンを回収【読書術】

こんにちわ、ミニマリストサノです。今回は... 
サノくん

 

スミからスミまで読書する派
「買った本はスミからスミまで読む派」だけど、時間をかけてる割には得られる効果が少ない気がする... 

 

と感じている方に向けて、ミニマリストのボクが毎晩の読書で実践している2割読み』という読書法を紹介します。

この方法を使えば、「速読」を身につけることなしに、コスパよく読書の質をグッと高められるので... 
サノくん

 

時間に追われる人
今まで忙しくて、ほとんど本を読んでこなかった... 
続かなかった人
読書習慣に挑戦したけど、継続やめちゃったんだよなぁ... 

 

という方でも、今日から無理なく読書にアプローチできるはずです。
 
サノくん

 

\この記事でわかること/ *更新日時:2022年5月28日

 

どうして『2割読み』が大事なのか?

 

読書をする人
読書に時間を使うからには、自分の成長につながるリターンを実感できる読書がしたい! 

 

という理想の読書を実現するための第一歩、それが本記事で解説するミニマリスト2割読み』になります。

 

まず、ボクが実践している『2割読み』をザックリ説明すると、次のように言えます。

 

『2割読み』とは?


 1冊の本のうち、「面白そう!」と感じたページや章だけを読み、それ以外の部分は読まない「線引きをする」読書スタイル

 

この「線引きをする余計な部分は読まない」という意味で、ボクは ”ミニマリスト” という枕詞を用いました。

 

詳しいやり方は、あとで実際の画像も使って説明します。そこで、ここでは...

(>>ミニマリスト流『2割読み』の具体的な方法を先に知る)

 

 

なぜ、読書で『2割読み』をすることが大事なのか?

 

という問いかけに対して、納得できる答えを一緒に導いておきましょう。

 

まず、この質問を言い換えると...

 

 

本をスミからスミまで読む読書スタイルは、なぜ避けるべきなのか?

 

と問い直すことができます。

 

ボクなりにこの質問へ回答するなら、次のような回答になります(少し長いですが)。

 

本の80%にはムダな ー読み手にとって面白さを感じないー 情報が書かれている。

そして、その興味を惹かれない部分を読むのに自分の有限な時間リソースを充てるのは、時間対効果が悪すぎるから。 
サノくん

 

少し言い方はキツいですが、↑は「本を全部読むのは時間のムダだから」と要約できます。

 

実際、最近の読書法に関する書籍やSNS発信では「本をすべて読むこと」には価値が見出されていません。

 

 

とはいえ、「本を全部読むのは時間のムダ」と主張すると...

 

スミからスミまで読書する派
1,500円前後で購入した本なんだから、スミからスミまできっちり読まないと重要な情報が抜け落ちちゃいそうで、もったいない気がする... 

 

という、「もったいない派」の意見が必ず出ます。

 

そんなウジウジして優柔不断な人に、ハッキリと言わせてもらいます。

 

 

その気持ち、メッッチャわかります 
サノくん

 

というのも...

 

もったいない派
もしも、自分が読まなかった箇所に、人生を好転させる名言や発想が書かれていたらどうしよう...  

 

と思いながら読書をしていた時期がボクにもあったからです。具体的には...

 

・カバー裏や帯の言葉

・制作関係者

・著者歴 etc...

 

まで、文字通りスミからスミまで読んでいました。

 

ですが、ビジネス書だけで100冊近く読んで痛感したのは...

 

1冊の本をスミからスミまで読むのに何日かけても、その時間に見合ったリターンは得られない

 

ということです。

 

それでは、読書に投じた時間に見合った / それ以上のリターンを得られる読書法は何か?

 

ということでボクが広めたいのが、ミニマリスト2割読み』ということになります。

 

ミニマリスト流『2割読み』のやり方

 

ここでは、ボクが読書時間をムダに過ごすことを避けるためにやっているミニマリスト流『2割読み』のやり方を具体的に説明します。

 

【心得】『2割読み』を実践する心構えを教えてくれた2冊の本

 

まず、具体的な手順説明の前に...

 

もしも、この本を手にとっていなかったら、ボクは死ぬまで本をスミからスミまで読んで、読書からなんの効果も得ない「思考停止読書」をしていた... 
サノくん

 

と、ボクがゾッとするほど読んで良かった、『2割読み』実践のきっかけになった読書論の本を2冊紹介します。

 

外資系コンサルが教える読書を仕事につなげる技術 山口周

 

1冊目は、 山口周さんの著書『外資系コンサルが教える読書を仕事につなげる技術』という本です。

 

 

ボクはこの本から...

 

読書で優先的に回収すべきなのは「書籍に消費したお金」ではなく「読書に投資する時間」である

 

という、読書するときに常に意識したい心得を学べました。

 

読書は「株式投資」と考える

 

「せっかくだから全部読もう」はコストのムダ

 

 ここでポイントになるのは、読書を投資行為と考えた場合、もっとも大きなコストになっているのは「自分の時間」だということです。つまり、読書というのは、自分の時間を投資して、それによって何らかの利益を回収するという投資行為にほかならない、ということです。せっかく買った本なのだから、全部読まなければもったいない、という人は、自分の時間という希少な資源をムダにしている、筆者からすればとてももったいないことを平気でやっている人なのです。

 

山口 周. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術 (p.24-25). Kindle 版. 

 

山口周さんの『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』は、Kindle Unlimited会員なら無料で読めます!(2022年5月28日時点)

>>Kindle Unlimitedの「読み放題」を1ヶ月無料で試す 
サノくん

 

 

一生忘れない読書 100分で3回読んで、血肉にする超読法 ジョン・キム

 

2冊目は、ジョン・キムさんの著書『一生忘れない読書 100分で3回読んで、血肉にする超読法』という本です。

 

 

ボクはこの本から...

 

ビジネス書で語られていることのうち、自分のエッセンスとなるものは、ほんの一部だ

 

ということを学べました。

 

 ビジネス書や実用書の場合には、とりわけとりわけ気を付けなければいけないことがある。そうした書籍の読書は、金脈を掘るのと同じだということである。本を手に取ったときには、すべてが「金」に見えるが、実はそうではないのだ。

 

 金脈を見つけたとしても、そこから出てくる金はわずかである。ほとんどが、石や土なのだ。これは、ビジネス書の読書も同じ。250ページの本でも、金になるものは、かなり限られる。

 

 だから大事なことは、ほとんどが石や土という中で、自分で金を見つけるくらいの感覚でビジネス書の読書はしなければならないのだということ。

 

 

【実践】ミニマリスト流『2割読み』の具体的な手順《実際の写真多め》

 

ミニマリスト流『2割読み』のやり方は、その名の通りとってもシンプルです。

 



① 本の目次を読んで「ここは面白そう!」と思った章・節を探して、マークする。

② ①で選んだ章・節へ行き、その各段落の最初の1文目だけを全部読む。

③-1「この章・節は面白い!」と感じた場合、その章・節に印をつけてから全部読む。これを終えたら①に戻る。

③-2「この章・節はビミョーだな...」と感じた場合、その章・節を全部読むことはせずに、①に戻る。

 

それぞれ、紙書籍と電子書籍でわけて具体的に解説しますね。

 

 

① 本の目次を読んで「ここは面白そう!」と思った章・節を探して、マークする。

 

紙書籍の場合、目次を見て「面白そう!」と感じたところに鉛筆でマークを入れます。

 

ちなみに、紙書籍用の鉛筆は書き込みやすくて消しやすい芯の太い(0.9ミリ前後)鉛筆がオススメです。

 

ボクは「ぺんてる シャープペンシル タフ XQE9-A ブラック軸 0.9」を愛用しています。

 

 

電子書籍(Kindle Paperwhite)の場合、目次を見て「面白そう!」と感じたところをハイライトします。

 

 

② ①で選んだ章・節へ行き、その各段落の最初の1文目だけを全部読む。

 

マークできたら、①で選んだ章・節へ行き、その各段落の最初の1文目だけを全部読みます。

 

このとき、1文目だけを読んで「え、次の文も気になる!」となったら、その章・節は面白い可能性が高いです。

 

 

③-1「この章・節は面白い!」と感じた場合、その章・節に印をつけてから全部読む。これを終えたら①に戻る。

 

②を完了して、「面白い!」と感じた紙書籍の場合は、その章・節の先頭ページに付箋を貼りましょう。

 

②を完了して、「面白い!」と感じた電子書籍の場合は、その章・節の先頭ページに栞機能を使ってブクマしましょう。

 

どうしてこの作業をおこおなっておくのか?

 

それは、本全体を読み終えた後に、この付箋や栞の多さがそのまま...

 

この本は自分にとって有益だったか?

また読み返す価値がある本かどうか?

 

を見極める、わかりやすい指標になるからです。

 

 

③-2「この章・節はビミョーだな...」と感じた場合、その章・節を全部読むことはせずに、①に戻る。

 

②を完了して、「ビミョーだな...」と感じたらスグに①へ戻りましょう。

 

②の過程で各段落の1文目しか確認しない理由は、この③-2のパターンがあるからです。

 

ポイントは、興味が惹かれない内容を読んだときに執着せずにパッと①に戻ることです。

 

 

sano-life.hatenablog.com

 

【練習】「スミからスミまで読まなきゃもったいない...」という罪悪感を消せない方へ

 

やっぱりスミからスミまで派の人
本を全部読むことの時間対効果の悪さ、『2割読み』の具体的な方法はわかったよ。

でも、それでもボクは、スミからスミまで読まなきゃもったいない気がしてならない... 

 

という感情が残っている方もいるかもしれません。これは慣れの問題です。

 

とはいえ、もともとスミからスミまで読んでいた人にとって『2割読み』には違和感を感じると思います。

 

コレを1日でも早く払拭するためにオススメしたいのが...

 

「定額で本が読み放題」のサブスクサービスを利用して、本を全部読まないことへの罪悪感を薄めていく

 

というやり方です。ボクのオススメは月額980円で200万冊以上読み放題のKindle Unlimitedです。

 

どうして、この方法が有効なのか?

 

それは、本のサブスクサービスを「話題書の図書館」と考えると納得できるかもしれません。

 

あなたの興味を惹くタイトルの本が何十冊、いや、数百冊は見つけることができます。

 

そんな図書館のような環境では、1冊1冊をスミからスミまで丁寧に読むという余裕は自然と無くなります

 

つまり、本を全部読まないことへの罪悪感を薄めることを仕組みで解決できる、というワケです。

 

ボクも実際、Kindle Unlimitedに加入したことで、本を全部読まないことへの罪悪感を払拭することができました。

 

迷う人
いやぁ、いきなり本のサブスクサービスに加入するのはなぁ... 他のサブスクも課金してるし... 

 

 

という人は、「加入して初めの1ヶ月は月額がかからない」かつ「解約が簡単」なサービスを選ぶのがポイントです。

 

大事なことは、本を全部読まないことへの罪悪感をなくす近道は「定額で本が読み放題」の環境で読書をする、ということです。

 

ボクも加入しているKindle Unlimitedは...

・加入後はじめの1ヶ月は0円で読み放題

・「解約が簡単」との評判が高い

です。

月額課金(980円/月)しても、ビジネス書を1〜2冊読めばもとがとれるので、金欠大学生のボクはかなりおトクだと感じています。 
サノくん

 

>>Kindle Unlimitedの「読み放題」を1ヶ月無料で試す

 

まとめ

まだスミからスミまで本を読んでるの? ミニマリスト流『2割読み』でムダなくリターンを回収
  • 本を全部読むのは時間のムダ
  • 読書は「自分の時間を投資して、そこから利益を回収する」という投資行為
  • ビジネス書のほとんどには、あなたの影響力を広める情報は書かれていない
スミからスミまで本を読むのはもう卒業!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

少しでも参考になれば、そしてあなたの読書観が変わり始めるきっかけになれば、何よりも嬉しく思います。

 

また次回の記事でお会いしましょう!

 

 

 

あわせてオススメの記事

sano-life.hatenablog.com

 

sano-life.hatenablog.com

 

sano-life.hatenablog.com