サノプット

<「あ、生産センス上がった」と思える毎日>を発信する大学生のリアルなブログ

MENU

【ダサMAX】知り合い"だけ"がスゴい人になる前に知りたい「権威づけ」

f:id:sano-reiya:20220121221718j:plain

 

「俺の彼女、フォロワー5万越えのインスタグラマ〜」

「私の彼ピ、東大医学部〜」

「仲良いい先輩、Suchmosボーカル知り合いの知り合い〜」

 

 

うん、じゃあお前はなんなの?

 

 

って思うことありません?

 

ごめんなさい、3番目のやつは大学1年生の頃のボク(@d_sanoreiya)です、ってか他人やん...

 

これ全部、権威づけという発想のせいです。

 

 

今回は自慢しかできない愚かな自分に気づけた

 

嫌われる勇気』×『夢を叶えるゾウ

 

リンク読書(サノプット恒例)から得た学びです。

 

 

「知り合いの実績"だけ"が目立つ人になりたくない...」という人は必ず気づきがある内容です。

 

早速行きましょうッ

 

 

【嫌われる勇気】「権威づけ」って何?

 

人間は理想の自分に届いていないと感じる時、次の二つの選択肢をとることができると『嫌われる勇気』で語られています。

 

 

①劣等感をバネに「向上しよう!」と前進する

②劣等感を前に「どうせ自分なんて...」と諦める

 

 

②をこじらせてこじらせて至るのが「権威づけ」という考え方です。

 

権威づけ

自分が権力者(クラスのリーダーから有名人や社長 etc)と懇意であることを示し、自分があたかも優れているかのように振る舞うこと。

 

 

たとえば、

 

 

「俺の同期に東大5人いるよ」

「私のお兄ちゃんの同級生、マッキンゼーで働いてるよ」

「私の友達、フリーランスの動画編集で月100万円稼いでるよ」

 

 

といった日常会話には「権威づけ」がにじみでちゃってます。

 

本人が意識しているかどうかは別としても、こういった会話にはウンザリしますよね。

 

周りの人にあてはまる人はいないでしょうか?

 

(もしくはあなたが当てはまりませんか...?)

 

 

【夢をかなえるゾウ】ガネーシャは「権威づけ」の鏡

 

ガネーシャとは『夢を叶えるゾウ』に登場するゾウの神様です。

 

歴史上の偉人・成功者を全員育てた

 

と自称するのが特徴です。具体的には...

 

 

「本田の宗ちゃんにバイク乗せてもらった」

ニュートン君に物理法則を気づかせた」

「最近、釈迦と飲んでない...」

 

 

と、話を振ったワケでもない内容をベラベラ話す。

 

勘のイイあなたならもうお気づきでしょう。

 

ガネーシャは「権威づけ」の権化なのです。

 

 

【嫌われる勇気 × 夢をかなえるゾウ】知り合い"だけ"がスゴい人になる前に

 

『嫌われる勇気』では「権威づけ」による劣等感の補償に警鐘を鳴らしています。

 

なぜなら、権威の力を借りて自らを大きく見せている人は、いずれの場合も

 

・自分自身が優れている

・自分自身が特別である

 

ということではありません。

 

むしろ、自分が優れていないからこそ権威を借りて自慢する必要があるのです。

 

 

ガネーシャ自身、

 

『こういうふうになったらあかん』という反面教師に自ら率先してなっとるからやねんで!
 

 

と同書内で言ってます。

 

 

ボクも意識しないとうっかり「権威づけ」じみた発言をしてしまうことがあるかもしれません。

 

なので、安直な手段で自分を大きく見せがちな時はガネーシャの反面教師像を思い出すとイイかもしれません...

 

まとめ

「権威づけ」【嫌われる勇気 × 夢をかなえるゾウ】
  • 「権威づけ」する人は自分が優れているワケではない
  • 劣等感を安直な手段で補償しがちな時にガネーシャの反面教師像を思い出す
「権威づけ」する大人ってダサくない?

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

少しでも参考になれば、そして、あなたがきっかけになれば、何より自分の思考習慣を変える気づきがあれば嬉しく思います。

 

また次回の記事でお会いしましょう!

 

 

この記事に登場する書籍

◆嫌われる勇気

 

◆夢を叶えるゾウ

 

あわせてオススメの記事

sano-life.hatenablog.com

 

sano-life.hatenablog.com

 

sano-life.hatenablog.com